Uncategorized

NFTゲームで稼ぐ!CryptoNinjaParty(クリプト忍者パーティー)の始め方

今回はじわりじわりと噂が広がりつつあるお金を稼げるゲーム「CryptoNinjaParty」について解説させて頂きます。

今回の悩み
  • CryptoNinjaPartyってなに??
  • 本当にゲームでお金が稼げるの??
  • どうやったら始められる??

こういった悩みをズバッと解決していきたいと思います!

CryptoNinjaPartyを始める手順は次の通りです。

  1. コインチェックの口座を開設する
  2. PLT(パレットトークンを購入する)
  3. NFTマーケットプレイスでプレイ用のNFTを購入する
  4. ゲームをしてお金を稼ぐ

そうです。仮想通貨が必要になります!
CryptoNinjaPartyの場合”お金を稼ぐ=仮想通貨を稼ぐ”ということになります。

リリース日は未発表なので、今はまだプレイすることはできません。

こういった仮想通貨を稼げるゲームは先行者が得をするケースが非常に多いので、情報がでてきたらすぐに動けるように、早めから準備をしておきましょう。

それではゲームの詳細や始め方を詳しく説明していきます。

シャック

ゲームで稼げるなんて胸熱すぎますねー!!

※こちらの記事は投資のアドバイスではございませんので、仮想通貨やNFT購入する際は自己責任でお願いいたします。

ゲームをして稼ぐ”Play to Earn”とは

まずはゲームをプレイして稼ぐ「Play to Earn(P2E)」について解説します。

「ゲームをしてお金を稼げるなんて、そんなおいしい話あるの?」

という方が多いと思います。昔では考えられないですもんね。

しかしブロックチェーンや仮想通貨の技術を使えば可能になってしまいます。

ドラクエなどで例えると、スライムを倒せば「ゴールド(G)」というお金がもらえます。

プレイヤーは貯めたゴールドを使って装備を買ったり、宿に泊まったりします。

ゴールドはゲーム内でのみ使える通貨なので、いくら貯めても現実世界で使用することもお金持ちになることはできませんでした。

しかしP2Eのゲームでは、現実世界でも価値があるお金が稼げてしまいます。

先程のドラクエを例にすると、スライムを倒して「ゴールド(G)」という”仮想通貨”を手に入れます。

ゴールドはゲーム内で買い物をしたりすることにも使えますが、仮想通貨なのでビットコインなど他の仮想通貨と交換することもできるし日本円に変えることもできてしまうのです。

日本では国産のP2Eゲームタイトルはほとんどなく、まだあまり知られていません。

”ゲームで稼ぐ”と聞くとゲーム大会の賞金ぐらいしかイメージが湧かない人がほとんどでしょう。

しかし海外に目を向けるとP2Eで生活をしている人たちがたくさんいます。

たとえば2021年にはアクシーインフィニティーというゲームがフィリピンなどを中心に大流行しました。

アクシーインフィニティ公式より

アクシーを1日に数時間プレイすることで数千円を稼ぐ人が続出し、中にはそのお金で家を建てた人がいるほどです。

フィリピンで1日数千円はかなり高収入なのです。

稼げる金額はゲームによって様々ですが、ゲームをして生活ができる可能性があるのがP2Eの世界です。

  • Play to Earn(P2E)のゲームは仮想通貨が稼げる
  • 仮想通貨なので日本円とも交換できる
  • P2Eゲームで生活している人が世界中にいる

そして今回HashPortという会社のHashGamesからP2Eタイトル3作品のリリースを発表しました。

HashPort公式サイトより引用

3作品ともかなり注目度の高いタイトルです。

そして、その中の1つが今回ご紹介するCryptoNinjaPartyです!

シャック

ゲームで稼げる時代…待ってました!!

CryptoNinjaPartyとは

CryptoNinjaNFTって??

CryptoNinjaParty(クリプト忍者パーティー)はNFTコレクションである「CryptoNinjaNFT(クリプト忍者NFT)」のキャラクターたちが登場するP2Eパーティーゲームです。

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略です。

簡単に言うとデジタルデータにシリアル番号を与えることで、”世界に一つしかないデジタルデータ”を証明することができる技術です。

そもそもNFTってなに?という方はこちらの記事をご覧ください↓

デジタルアートで億万長者?!話題のNFTってなに??

CryptoNinjaNFTは実業家のイケハヤさん(@IHayato)がプロデュースしている忍者がモチーフのデジタルアートNFTコレクションです。

  • NFTの販売実績は1000万円を超えている
  • EXILEの関口メンディーさんがCryptoNinjaNFTの一つを保有
  • アニメ化も予定されている
  • キャラクターを使って誰でも二次創作(販売)ができる

NinjaDAOという誰でも参加できるコミュニティも運営されていて、CryptoNinjaのアニメ、マンガ、メタバースライブなどさまざまなプロジェクトが日々動いています。

CryptoNinjaについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

【徹底解説】日本代表NFT「CryptoNinja(クリプト忍者)」とは?!

そんなCryptoNinjaのP2EゲームであるCryptoNinjaPartyのリリースは2022年の4月ごろの予定で現在は開発中です。iOSやAndroidでプレイできるそうです。

シャック

め、め、メンディーさんまで!?

すごいNFTコレクションなのは揺るぎないですね!!

どんなゲーム??

2022年3月現在、ゲーム画面やゲームの内容などの情報は明らかにされていません。

いま分かっていること
  • P2Eゲームであること
  • CryptoNinjaが題材
  • スマホでも遊べる
  • P2Eではなく誰でも遊べる無料版も出ること

まだまだ製作途中なのでまだまだ情報が少ないですね!

しかし先日CryptoNinjaの生みの親であるイケハヤさんからCryptoNinjaPartyのトークンエコノミーの案がチラ見せされました!

パッと見ても分かりにくいかもしれませんが、概要に目を通すと理解ができると思います。

  • NFTを購入してステーキング(預ける)するとプレイできる
  • ゲームをプレイしてEXP(ゲーム内のポイント)を獲得する
  • EXPは独自の仮想通貨に交換できる
  • 独自の仮想通貨は日本円に換金できる
  • 仮想通貨を使ってオリジナルゲームを作るためのツールを開放する?

といったイメージではないでしょうか!

情報が出て着次第、どんどん追記していきます!!

シャック

オリジナルゲームも作れるんかー?!
オラなんだかワクワクしてきたぞ!!

どれぐらい稼げるの??

ゲームのプレイが開始され次第、参入費用や原資回収までの期間などを記事にしていきます!!

どうやって始めるの??

CryptoNinjaPartyをプレイするにはHashuPalette(ハッシュパレット)のNFTマーケットプレイス「PLT Place」で販売されるNFTを購入する必要があります。

そのために、仮想通貨PLT(パレットトークン)を用意しなければいけません。

※NFTはクレジットカードでも買えます。

従来のスマホアプリのようにサクッとダウンロードして始められるわけではないんですね。

(※お金を稼げない無料プレイ版もリリースされる予定で、そちらは課金なしでOK)

P2Eのゲームはここ数年で当たり前になったFree to Play(F2P=無料で始められるゲーム)とは違って、最初に課金することが多く、キャラクターや武器などのNFTを購入しないと始められないものがほとんどです。

シャーコック

な~に~!!課金が前提ならやらねぇよ!!

という方もおられると思いますが、その代わりにゲームでプレイすればお金が稼げますし、購入したNFTはゲームに飽きたら売却することもできます。(買い手がいれば)

初期に安価で手に入れたNFTがゲームの人気の上昇とともに後々とんでもない価格に跳ね上がったという話も珍しくありません。

従来のスマホゲームなどのガチャで手に入れたキャラや武器はプレイヤー同士の売買はできませんし、ゲームのサービスが終了すればただのデータになっていしまいます。

つまりNFTゲームは”投資”だという認識が必要です。

NFTゲームで稼ぐまでの流れ
  1. キャラや武器などのNFTを購入する(原資)
  2. プレイして報酬を獲得する
  3. 報酬を日本円に戻したり他の通貨と交換することで利確or再投資する(原資回収まではマイナス)
  4. 原資回収後はすべて儲けになる

上記の流れは意識しておきましょう。

そして注意点もあります。

投資ということは”負ける”リスクがあることを必ず認識しておきましょう。

・報酬である通貨の価格変動リスク
・原資を回収できるほど稼げない
・運営が倒産したり逃げる

稼げないと誰もプレイしないので、稼げるような仕組みになってはいますが、上のようなリスクがあるということを忘れてはいけません。

参入前には株式投資なんかと同じで、どんなプロジェクトなのかよく調べることは鉄則です!

怖い話になりましたが、逆を言えばゲームの人気が出て通貨の価格が上がると爆益を出せる可能性もありますので、リスクとリターンのバランスを個人個人で上手に調整していきましょう。

CryptoNinjaPartyのNFTを購入するための仮想通貨”PLT”は国内の取引所だとコインチェックでしか買えません。

ここからCryptoNinjaPartyを始めるまでの手順を詳しく解説していきます。

追記:PLT Placeはクレジットカードにも対応するとのこと。
   手数料などをみてどちらで購入するか検討の余地があります。
   また情報が出たら情報をアップデートします!

CryptoNinjaNFTを始めるまでの手順

コインチェックで口座を開設する

まずは国内の仮想通貨取引所で唯一”PLT”を買うことができるコインチェックの口座を開設しましょう!

コインチェックは過去にハッキング事件がありましたが、その後は東証一部上場のマネックスグループの傘下に入ったことでセキュリティ面もかなり強化されて安心して利用できる取引所となりました。

アプリも使いやすく、国内でも人気の仮想通貨取引所となっています。

無料&15分程度の簡単な手続きで口座が作れるのでサクッと開設しましょう!

コインチェックの口座を無料でサクッと開設する

日本円を入金する

口座が開設できたら、コインチェックに日本円を入金しましょう!

コインチェックには3つの入金方法(日本円)があります。

  • 銀行振込(日本円)
  • コンビニ入金
  • クイック入金

特にこだわりがなければ銀行振込を選択しましょう。

コンビニ入金やクイック入金は振込手数料+入金手数料(770円or1018円)がかかります。

銀行振込なら入金手数料は無料なので、振込手数料のみで入金ができます!

アプリで入金

コインチェックのiOSアプリの画面を使って入金方法を解説します。

(1)ログインします。

(2)画面下部分のウォレットをタップする。

(3)「日本円」のところをタップする。

(4)「入金」をタップする。

(5)入金する金融機関を選択する。(こちらはコインチェックの自分の口座です。)

(6)振込口座の情報が表示されるので、この口座あてにお手持ちの銀行から振込をしましょう。

PCで入金

PCでの入金についても解説します。

(1)PCのブラウザでコインチェックにログインします。

(2)左側メニューより「日本円の入金」をクリックします。

(3)「銀行振込」メニューに振込口座の情報が表示されるので、この口座あてにお手持ちの銀行から振込をしましょう。※GMO・住信お好きな方で大丈夫です。

PLT(パレット)トークンを購入する

PLTはコインチェックの取引所でしか購入することができません。

取引所はアプリでは利用できないのでPCなどのブラウザでコインチェックにログインできるようにしておきましょう!

取引所とは

仮想通貨の取引所(コインチェックなど)で仮想通貨を買う場合、「販売所」で購入するか「取引所」で購入するかを選択できます。
※どちらか一方しか対応していない通貨もあります。

「取引所」では投資家同士が直接通貨を売買するのに対して、「販売所」では間にコインチェックなどの会社が入るイメージです。

「販売所」で仮想通貨を購入する場合、素早く取引が行われる代わりに高額の手数料を払わなくてはいけません

よほど急いでいない場合は「取引所」で仮想通貨を購入することをおすすめします。

シャック

PLTは取引所でしか買えない…これはどうしようもない!!

PLT購入手順

1.コインチェックブラウザにログインする。

2.日本円を入金しておく。

3.ホーム画面右側の通貨一覧でPLTをクリックする。

4.「現物取引」の入力欄にレート(PLTの金額)、概算(いくら分の日本円を買うか)を入力して「注文する」をクリック。

※レートの金額は真ん中の「PLT買い板/売り板」の「売」から安いものを選びましょう。

5.購入できたか確認するために左側メニューの「総資産」をクリックします。

PLTが反映されていれば購入完了です。

NFTを購入する

CryptoNinjaPartyをプレイするために必要なNFTは「PLT Place」というところで購入します。

「PLT Place」はHashPortが運営するNFTマーケットプレスです。

PLTPlaceでNFTを購入するにはいくつか準備が必要です!

こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください♪

【簡単解説!】PLT PlaceでNFTを購入する方法Hash Gamesが提供するNFTマーケットプレイス「PLT Place」の事前登録方法とキャンペーンの概要を解説しています。 紹介キャンペーンでお小遣いを稼ぐ方法や、PLTの現金化の手順も分かりやすく説明しています。...

新通貨に備えておく

将来的にはIEOを通じてHashGamesでリリースされるゲームで共通して使える独自のトークンの発行も目指しているとのことです。

IEOって??

IEOとはInitial Exchange Offeringのことで”資金調達”の一つです。

プロジェクトが新たな通貨を発行する際に、取引所を通じて投資家に安い価格で販売し、資金を調達する方法です。

今回だと発行者であるHashGamesが独自通貨を発行し、コインチェックが「この新通貨は詐欺コインではないか?」など安全性を念入りに審査してくれます。

投資家(プレイヤー)が安心して安い値段で通貨が買えるという仕組みです。

シャック

IEOは美味い案件が多い!!…じゅるり

コインチェックのIEO

PLTも以前にコインチェックでIEOが行われて上場した経緯があります。

当時1PLTが4.05円で販売され、上場後の最高値は94.5円です。
つまりIEO価格の23.3倍を付けました。

平均して50円ぐらいで推移していたのでIEOでPLTを購入した人はどこで売っても10倍ぐらいは利益が取れたということになります。

今回HashGamesが発行する新通貨も上昇が期待できるかもしれない&ゲーム内で多く使用する可能性があるので、情報を追っておくとお得に立ち回れるかもしれません。

ちなみに以前行われたPLTのIEOの抽選参加条件は次の通りです。

条件を満たして、申し込みをすると抽選日にランダム抽選が行われます。

抽選は口数ごとに行われます。
100口応募して50口当選したり、あるいは全部落選した人もいたみたいです。

HashGamesの新トークンのIEOは条件などが違うかもしれません!
また条件などの詳細が分かり次第、追記していきます。

NinjaDAOに参加する

CryptoNinjaPartyや、CryptoNinjaNFTのホカホカの情報を知りたい方はNinjaDAOに参加してみてください!

NinjaDAOはディスコードというアプリを使ったコミュニティグループで、誰でも無料で参加できます!

NinjaDAOにはCryptoNinjaのプロデューサーのイケハヤさんが常駐しています。CryptoNinja関係やNFTに関する最新情報をゲットすることができますよ!

そしてNinjaDAOではCryptoNinjaに関するさまざまなプロジェクトが日々行われています!

  • メタバース事業
  • 二次創作(まんが・小説・アバター)
  • NFT制作
  • 寺小屋
  • 仮想通貨の勉強

他にもいろいろ!


DAOで貢献すればCryptoNinjaPartyのNFT先行購入権利がゲットできるかも・・・?

NinjaDAOに参加して素早く情報をゲットして優位に立ちまわりましょう!

シャック

時代の最先端の情報が飛び交っています!!

遊びに来てねー♪