NFT

Klaytnの仮想通貨”KLAY”を購入しよう!

今回は最近日本でも話題になりつつある「Klytn」というブロックチェーンの基軸通貨「KLAY」の入手方法を徹底解説していきたいと思います。

「KLAY」!!

残念ながらこのKLAYは日本国内の暗号資産取引所では購入することができません!

KLAYを使ってNFTを購入したりする方法は、以下のような手順となります。

国内取引所から海外取引所にXRPなどの仮想通貨を送金する

海外の仮想通貨取引所で「KLAY」を購入する

kaikasウォレットを作成する

KLAYをkaikasウォレットに送金する

NFTを買う

こういった作業が必要になります!

シャック

難しそう。終わった・・・

と思ってしまった人もご安心ください!

この記事ではKLAY を手に入れてNFTを購入できるようになるまでの手順をスクリーンショットを大量に使いつつ、丁寧に解説させて頂きます!

手順どおりにやって頂ければ必ず購入できますので頑張りましょう!

それではいってみましょう!!

この記事で分かること

Klaytnチェーンとは?

仮想通貨”KLAY”とは?

KLAYを手に入れてNFTを購入する手順

Klaytnチェーンとは

Klaytnチェーンは、韓国人のほとんどの方が使っているSNSアプリ「カカオトーク」(日本で例えるならLINE)を運営している大手企業「Kakao」の子会社の「Ground X」というブロックチェーン開発企業が作ったネットワークです。

そのKlaytnチェーンの基軸通貨が「KLAY」です。

画像:OpenSea DSCより引用
シャック

あっ、OpenSeaで見たことある!これがKlaytnとKLAYか!!

OpenSeaでチラホラ見かけるアレです!これがKlaytnとKLAYだったんですねー!!

カカオトークが絡んでいるということで、今後は韓国で日常的にKLAYが使われる可能性が高いです。

つまり、かなり熱いブロックチェーンなのです!

シャック

よーし!KLAYを手に入れて韓国産のNFTを買うぞー!!

KLAYを入手しよう!

それではここからKLAYを手に入れるための手順を解説していきます!

国内取引所を開設

KLAYを入手するためには、国内で買える仮想通貨を購入して、海外の取引所に送金をしなければいけません。

国内なら、取扱通貨や取引所で買える通貨が多いbitFlyerがオススメです。

bitFlyerのいいところ
  • 日本最大級の暗号資産取引所(ビットコイン取引量6年連続国内No.1)
  • 取引所で購入できる通貨が多いので比較的安く購入できる
  • 7年以上ハッキング0でセキュリティが強固
  • 積み立て投資ができる
  • bitFlyerクレカを紐づけるとポイントでビットコインがもらえる

bitFlyerで口座を無料開設する!

口座を開設できたら日本円を入金してBTC(ビットコイン)を購入しておきましょう!

※XRP(リップル)やETH(イーサリアム)などでも大丈夫です。

海外取引所の口座を開設しよう

KLAYは日本の取引所では買うことができませんので海外の仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

海外の取引所だとBINANCE(バイナンス)Bybit(バイビット)が有名&おすすめです。

海外の取引所は日本の金融庁の許可を受けていません。

つまり日本政府的には安全性が確認されていない取引所ということです。

何か問題が起きても日本の法律は守ってくれませんので、利用する際はすべて自己責任となります。

突然日本人は利用できなくなるというリスクもあります。

ただし、BINANCEやBybitを利用したからといって罰則などがあるわけではないのでご安心ください。

とはいえ、仮想通貨やNFTを触っていくにあたって海外口座を持っておくと何かと便利です!

今回はBINANCEの画面をつかってKLAYを入手していきたいと思います。

BINACEの口座開設はコチラからどうぞ!無料&10分ほどの作業で開設できます!

BINANCEで海外口座を開設する!

海外取引所に入金しよう

日本の取引所から送る

では日本の仮想通貨取引所からBINACEに送金する方法を解説します。

今回はbitFlyreからBINANCEへBTC(ビットコイン)を送金してみたいと思います。(ETHやXRPでもやり方は同じです)

bitFlyreの画面で説明しますが、基本的にはどこの取引所からでも同じような手順です。

まずはBINANCEと国内取引所にログインします。

ログインしたらBINANCEへの右上に人マークを押します。

メニューから「ウォレット」の「フィアットと現物」をクリックします。

BTCの「入金」を押します。

ネットワークの選択を押します。

「BTC」を選択します。


すると、自分のBINANCEのBTCのウォレットアドレスが表示されます。

これを国内取引所の送金手続きの際の送り先になります。

続いて国内取引所の画面を開きます。(画面はbitFlyer)

メニューから「入出金」を選択します。

「ビットコイン」を選択します。

まずはBINANCEのウォレットアドレスを登録するために、「送付」メニューの「アドレスを登録する」をクリックします。

登録しているメールアドレス宛に送付先アドレス追加のためのメールが送られます。

届いたメールのURLリンクをクリックします。

二段階認証をして「次へ」をクリックします。

好きな宛先名と先程BINANCEでコピーしたビットコインのウォレットアドレスを貼り付けて追加します。

送付メニューに戻ると、登録したアドレスが追加されているのでクリックします。

送金したいBTCの数量を入力(BTC残高から手数料を差し引いた金額内に収まるように)して送付します。

急ぎじゃなければ「優先度」は「普通」のままで大丈夫です。
お急ぎの方は手数料を多めに払って優先度を上げましょう。
普通のままでも30分以内ぐらいでBAINACEに着金します。

内容を確認して間違いなければ「送付を確定する」をクリックします。

送信先はしっかりと指差し確認しましょう!

特に初めて登録したアドレスに送る際には注意が必要です。

間違った宛先に送ってしまうと二度と取り戻せなくなってしまいます。

不安な方は、小額で1度テスト送金をしましょう。

手数料は多めにかかりますが、全額を失うよりは全然よいので!

二段階認証をします。

これで送金受付が完了です。

トップメニューの「お取引レポート」で確認できます。

BINANCEに着金するまでに30分(かなり前後します)ぐらいかかるのでのんびり待ちましょう。

BINANCEの「フィアットと現物」のBTCの残高に反映されていれば無事に送金完了です!

KLAYを購入しよう

次に、国内取引所から送金したBTCを使って「KLAY」という通貨を購入します。

ここではKLAYの買い方を「コンバート」と「現物トレード」の二通で説明します。

二つの違いを簡単に説明すると・・・

コンバートと現物トレードの違い

コンバート・・・簡単!早い!手数料が少しだけ高い!

現物トレード・・・複雑!少し時間が掛かる!手数料がちょっと安い!

こんな感じです!

手数料は0.05%差ぐらいなので・・・

ごちゃごちゃ考えるのが嫌な方は「コンバート」。

少しでも安く抑えたい方は「現物トレード」といった感じでしょうか。

シャック

ぼくはいつもコンバートでサクッと通貨を交換してます!

コンバートで手に入れる

コンバートから説明します!

まずはトップメニューの「トレード」メニューから「コンバート」を選択します。

振替元を「BTC」に、振替先を「KLAY」にして、送りたい数量を入力します。

「最大」を押せば、自動的に最大取引量が入力されます。

入力ができたら「コンバージョンプレビュー」をクリックします。

現在の交換レートが自動的に計算されます。(5秒ごと)

問題がなければ「コンバート」をクリックします。

これで「BTC」が「KLAY」に交換されました。

「現物とフィアット」の画面でBTCが減って、KLAYが増えていることが確認できます。

現物取引で手に入れる

次に現物取引ですが、難しい説明は省略して、手順だけわかりやすく説明します。

トップ画面の「トレード」メニューから「クラシック」を選択します。

板取引の画面に変わります。検索欄に「KLAY」と入力して【KLAY/BTC】のペアを選択します。

ここがややこしいところです。

現物トレードでは購入したい価格を自分で決めて、その価格になった際に指定していた数量を購入する。

みたいなイメージでいいと思います。(厳密には違いますが・・・)

①画面左側のズラッと並んでいる価格の中から購入したい価格をクリックします。

②購入する数量を選択します。

③購入をクリックします。

注文すると下のオープンオーダーのところに注文内容が表示されます。

KLAYが指定していた価格に達したときに購入ができます。

現物取引は手数料が0.05%安い&うまくいけば通貨自体を安く購入できるというメリットがあります。

逆に指定した価格で売りたい人がいない場合や少ない場合、または値動きが逆の方向に進んでしまって指定した価格に届かない場合は購入できないというデメリットがあります。

なので上級者向けの取引になります。

現物取引上手になりたいという方は勉強してみてください!

無事に購入ができていれば「ウォレット」メニューの「フィアットと現物」に反映されます。

kaikasウォレットを用意しよう

KlaytnチェーンのNFTを購入するためにはkaikasウォレットが必要になります。

メタマスクでも買えるのですが、OpenSeaでもメタマスクはバグで繋げなかったりするので、Kaikasウォレットを作っておいた方がスムーズです!

kaikasウォレットはコチラからインストールできます。

kaikas公式ホームページはコチラ(https://docs.kaikas.io/)

右上のダウンロードボタンをクリックする。

拡張機能を追加をクリック。すぐに追加されます。

ブラウザの右上のパズルのピースマークをクリックします。

「Kaikas」をクリックします。

お好みのパスワードを作成して「Create」をクリックします。

お好みのアカウント名を入力して「Create」をクリックします。

シードフレーズなどの注意事項を読んで「Next」をクリックします。

シードフレーズが表示されるのでメモしましょう。シードフレーズは誰にも教えないように注意しましょう!

次の画面でメモをしたシードフレーズを入力します。

認証が完了したら「Start Kaikas」をクリックします。

これで無事にkaikasウォレットの準備は完了です!

KLAYをkaikasウォレットに送金しよう

KLAYが準備できたらkaikasウォレットに送金します。

kaikasウォレットのアドレスを登録する

BINANCEを開いて、右上の人マークをクリックし、「ウォレット」メニューから「フィアットと現物」をクリックします。

KLAYの「出金」をクリックします。

kaikasウォレットのアドレスを追加するために「アドレス帳」をクリックします。

「アドレス管理」をクリックします。

「アドレスを追加」をクリックします。

アドレスを登録します。入力したら「保存」を押します。

アドレスラベル : 好きなラベル名

通貨 : KLAY

アドレス : kaikasウォレットのアドレス

ネットワーク : KLAY

アドレスオリジナル : kaikas

※kaikasのアドレスはこちらをコピー↓

認証コードを取得して、入力したら「提出」します。

これで「KLAYをメタマスクに送金するためのアドレス」が登録できました。

kaikasに送金する

再びKLAYの送金メニューを開いて、「アドレス帳から選択」をクリックします。

登録したアドレスを選択します。

送金したい数量を入力して「出金」をクリックします。※アドレスに間違いはないか指差し確認です!

警告が表示されますので、読んだら「承認」をクリックします。

確認画面で念のためにもう一度アドレスやネットワークを確認しましょう。

問題がなければ認証コードを取得して「提出」します。

これでKLAYの送金受付が完了です。

「審査に12時間かかる」と注意書きが出ますが、早ければ数分で送金できます。

kaikasウォレットにKLAYが反映されていれば、無事に送金完了です!

シャック

これで準備完了です!お疲れ様でした!!

NFTを購入しよう

KaikasウォレットにKLAYが準備できたら、NFTのmintサイトなどにKaikasウォレットを接続すれば購入できます。

WKLAYの場合

OpenSeaでNFTを購入する場合には黄緑色のKLAY「WKLAY」が必要になります。

ややこしいですがKLAYとは別の通貨になります。

画像:OpenSea DSCより引用

WKLAYの入手方法

WKLAYはKLAYSwapでKLAYをスワップすることで入手できます。